臭気監視センサーシステム
WT 1 / WT 2

Rubix 社(フランス)のWatchtower (WTシリーズ)は、多様な複数のガスセンサーを組み合わせたオンライン大気モニタリングステーションです。煙突やプロセスラインなど臭気・ガスの発生源におけるサンプリングに対応したWT2と、敷地境界線や室内空気などの拡散空間の臭気測定に適したWT1の2種類を用意しています。


大気環境ガス・臭気のモニタリング

WTシリーズの臭気監視センサーシステムは、測定環境の臭気をオンラインで測定し、設定した強度を越えたときにアラームを送信することで、消臭・脱臭プロセスなどの制御を可能とします。臭気強度とセンサーアレイの応答値で臭気予測モデルを構築することにより、客観的かつ連続的な臭気管理を実現します。


エミッションガス濃度を24h測定

臭気 臭気濃度または臭気指数(EN 13725, ASTM E679)
ガスエアクオリティ基準 USEPA(40 CFR Part 53)・EU(2008 / 50/EC)
汚染ガス H2S, NH3, メルカプタン類, SO2, CO, エチレンオキシド, オゾン, メタン, 塩素等を
ppm または ppbレベルで測定。
複合VOC(PIDセンサー/WT2)や粒子状物質(WT2 オプション)も監視可能。
   

アプリケーション

・下水処理場  ・化学物質  ・香料  ・埋立て地  ・石油化学  ・工業施設  ・廃水処理場
・パルプ・製紙  ・コミュニティ  ・化成場  ・食品業界  ・エンジニアリングコンサルタント

WTシリーズの動作原理

WT アナライザーネットワーク
・様々なタイプの臭気発生源に適用
・室内および屋外の大気測定

ウェザーステーション
ローカルの気象データ(RH, T°, 風速, 風向, 雨量, 日射)をリアルタイムで測定

オンサイトモニタリングセンター
全てのデータは、コンピュータ、携帯電話およびタブレットから保護されたウェブサイト経由でアクセス可能


ソフトウェア

一箇所または複数の排出源、あるいは複数の工業施設をモニタリング可能なソフトウェアです。WTの測定ネットワークは、化学物質や臭気汚染の効率的な管理のためにキーとなる情報をリアルタイムで提供します。

  • オフラインプルーム拡散
  • オンライン警報および排出源の特定
  • リアルタイム警報
  • 排ガス処理設備の制御

ページのトップへ戻る