室内環境モニタリングポッド(ウイルス対策用)
POD Sentinel


パンデミック後のウェルネスと信頼基準の再構築

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の深刻な拡大に伴い、RUBIX社はすべての研究開発チームを結集し、公共および共有施設の洗浄、消毒、換気を監視するための新しいソリューション「POD Sentinel」を開発しました。 既存デバイスのRubix PODを基盤としたPOD Sentinel は、建物の「清掃・消毒頻度、空気質、換気、微粒子レベル、湿度」のリアルタイムおよびオンライン監視に重点を置いています。 測定値をトリガーとして、空気清浄機と連動し、空間の大気を改善するアクションを自動化することができます。


ウイルスの蔓延を引き起こす様々な要因

実際、最近の研究では、ウイルスの蔓延を引き起こす様々な要因の影響が報告されています。

  • 施設の清掃と消毒の品質および適切な換気:ウイルスの拡散を制限する重要な要素です。
  • 空気中の微粒子濃度:PM 2.5の長期暴露が増えると、COVID-19 死亡率の大幅な増加につながります。
  • 大気汚染への長期曝露:これは、北イタリアでのCOVID-19 の有病率と死亡率の高さを部分的に説明しています。
  • 室内の湿度レベル:相対湿度が低すぎたり高すぎたりすると、ウイルスの伝染と拡散に寄与します。

マルチセンサーで要因の監視

POD Sentinel は9種類のマルチセンサーで構成されており、各要因を監視することで、ウイルスへの感染の危険性を回避します。



測定データの一元管理

POD Sentinal によるすべての測定値は、10秒ごとにWi-Fi経由でクラウドサーバーに転送され、様々なパラメータをリアルタイムで視覚化します。 また、安全閾値を超えたときには、即座にアラートがSMSまたはEメールに送信されます。 このツールによって、同僚、顧客、および市民に安心をもたらします。 また、パンデミック終息後は、健康を維持するための新しい大気基準の設定と監視に継続利用が見込めます。


A smart platform

POD Sentinel 仕様

  • 動作温度:-20°C ~ +60°C
  • 重量: 400g
  • サイズ(w x d x h): 140x140x70mm
  • Wi-Fi接続

※本製品は、6/12/18/24ヶ月のレンタル契約でご利用可能となります。詳細はお問い合わせください。
※外観・仕様は予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。


お問い合わせ
ページのトップへ戻る