ガスクロマトグラフイオン移動度分光計

GC-IMS

大気環境やプロセスガス中の特定成分をオンサイトで迅速に測定可能な GC-IMS システムです。


大気やプロセスガス中 VOC の迅速・高感度分析

GAS社のガスクロマトグラフイオン移動度分光計 GC-IMS は、大気環境やプロセスガス中のVOCやアンモニアなど特定成分をオンサイトで迅速に測定するのに適したシステムです。ポンプと6ポートバルブを内蔵し、ガスサンプルの手動・自動サンプリングに対応しています。ポータブルでオンサイト分析に適した頑丈な構造です。結果は、タッチスクリーン上に表示されるほか、アナログ出力、Ethernet、USB を介して転送することができます。サーキュラーガスフローユニット CGFU(オプション)を追加ことで、使用するガス消費を抑えられ、かつ可搬性が一層高まります。


GC-IMS の原理



高速 GC と高感度 IMS の技術を掛け合わせたGC-IMSは、ドリフト電圧の極性の切り替えにより、ケトン、アルデヒド、アルコール、エーテル、エステル、アミン、芳香族化合物、有機リン化合物、 有機硫黄化合物、有機窒素化合物、ハロゲン化合物など広範囲にわたる化合物の検出が可能です。IMS への試料導入前に GC による分離を行うことで、複合成分のイオン間の相互作用が低減し、 さらに GC 保持指標とイオン移動度の各々データベースを利用した化合物の絞り込み(クロスサーチ)が可能となりました。


GC-IMS の主なアプリケーション

  • プロセスコントロール(バイオガス中のシロキサン、フィルタ効率)
  • 天然ガス中の臭気物質の定量(THT, Gasodor-S-Free)
  • 最終製品の管理(溶媒中の不純物、製品からの異臭)
  • 排気ガスのオンラインモニタリング
  • 中間製品の品質管理(化学産業)
  • クリーンルームモニタリング(NH3, HCL)
  • 有害化学物質(硫酸ジメチル等)の最大許容濃度の管理

特定成分の検出と定量



5~140 ppb の硫酸ジメチル(DMS)の IMSスペクトル(左) / 5~140 ppb のDMS の検量線(右)

ページのトップへ戻る