CO2専用質量分析計 | CO2Sense


CO2のトレース分析と品質管理

CO2Sense は、食品や飲料に使用される炭酸ガス中の微量不純物の定量を目的に開発されたリアルタイム質量分析計です。 IMR-MSを基盤とし、アンモニアや硫化水素、二酸化硫黄のような無機成分から、ベンゼンやトルエンのような有機成分まで、 1台のユニットで広範囲の化合物を同時に測定することができます。 ISBT(国際飲料技術協会)やEIGA(ヨーロッパ工業ガス協会)、CGA(米国圧縮ガス協会)などで要求されるCO2の品質規格試験に最適です。

CO2Sense アドバンスト

CO2Sense アドバンスト は、ミネラルウォーターや炭酸飲料、ビールなどの飲料製造メーカーや、 炭酸ガス供給メーカー向けのアドバンストモデルです。サンプルスイッチングモジュールにより、 4~16箇所の測定ポイントの切り替えが可能で、CO2の原料からプロセスライン、最終製品、貯蔵タンク内を一定間隔で測定できます。 また、液化炭酸ガスを揮発させるための気化器もオプションで用意しています。



データは、ワークステーション内のSQLデーターベースに保存され、UPS(無停電電源装置)を装備しているため、 停電時でも安全にシャットダウンを可能にします。エアコンやLCDモニターもオプションで追加でき、限られたスペースでの設置、操作も困りません。CO2Sense アドバンストは、複雑な分析系を組んでいた現行のシステムをよりシンプルにアップデートし、ターンキーで測定から結果までを提供します。


image

CO2Sense スタンダード

image

CO2Sense スタンダードは、食品・飲料グレードの炭酸ガスの純度分析に適したエントリーモデルです。ISBT, EIGA, CGAに準拠したメソッドがあらかじめ登録されており、すべての操作は自動化されます。データは、接続したPCまたはPLCシステムに送信可能です。加熱サンプルインレットが付属しており、測定ポイントにはキャスターで簡単に移動が行えます。


主なアプリケーション

CO2の原料、プロセスガスから最終製品に至るプロセスにおいて、CO2中の不純物として有機・無機揮発成分を迅速に定量


test report

主な測定対象成分(ISBT規格成分)

ISBT Compounds Molecular formula
Oxygen O2
Ammonia NH3
Nitrogen monoxide NO
Nitrogen dioxide NO2
Methanol CH4O
Total Volatile Hydrocarbons THC
Methane CH4
Acetaldehyde C2H4O
Aromatic Hydrocarbon Content AHC
Benzene C6H6
Toluene C7H8
Xylene  C8H8
Total Sulfur Content TSC 
Carbonyl sulfide COS
Hydrogen sulfide H2S
Carbon disulfide CS2
Methyl mercaptan CH3SH
Sulfur dioxide SO2
Ethyl mercaptan + dimethyl sulfide C2H5SH
Dimethyl disulfide C2H6S2 
Hydrogen cyanide HCN 
Vinyl chloride VCl
Phosphine PH3

IMR-MSの原理

幅広いアプリケーションにおける特定のニーズに応えるために、 CO2Senseはイオン分子反応(IMR)の測定原理を利用しています。 IMRテクノロジーを用いることによって、測定は高速かつ選択的になり、 あらゆる干渉が入りません。他のイオン化法とは異なり、 フラグメンテーションやスペクトルの重なりが見られず、 検出される結果の解釈を容易にします。

IMRは、低エネルギーレベル(10 eV~14 eV)でのプライマリイオンを用いて、 プローブガスを完全にイオン化します。S/N比は、一体化した八重極セパレータによって、 プライマリイオンをフォーカスし、あらゆる干渉を除去することで最適化されます。 そして、その後四重極マスフィルタ(0~500 amu)で分子を分離し、 高速パルスカウンターでさらに検出します。

AIRSENSEの原理

*IMR-MSの特徴の詳細や、GC-MSの比較は、AirSenseを参照ください。


仕様

モデル CO2Sense スタンダード
テクノロジー IMR-MS
質量範囲 7 – 519 amu
分解能 < 1 amu
分析時間 >= 1 msec/amu
測定範囲1 105
応答時間1 T90 < 20 msec
低濃度検出限界1 0.4 ppt
ドリフト濃度 < ± 5% 24 h以上
再現性 < ± 3%
精度 < ± 2%
温度範囲 20°C - 35°C
湿度 最大 80% (結露なきこと)
ガス消費2 30 - 3000 ml/min
ガスインレット温度 50°C - 190°C (調節可)
ガスインレット圧力2 0.1 – 1 bar
電源 230V/50Hz または 115V/60Hz 800 W
寸法 (WxHxD) 534 x 743 x 639 mm
重量 87kg

1 測定する成分や機器設定によって異なります。
2 ガスインレットシステムの種類によって異なります。
*外観・仕様は予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

ページのトップへ戻る