フレーバーリリース分析計 | FlavorSense


フレーバーリリース(複合揮発成分)のオンライン分析

多くの食品の香りは、気相中に存在する揮発成分によって影響されます。 通常、ヒトがワインを飲んだり、ヨーグルトを食べたりするとき、その状態はダイナミックであり、希釈と再平衡の影響によって、ヘッドスペース中の揮発成分は時間と共に変化します。 その際、食品が口の中で咀嚼され、口の奥から鼻に抜ける刺激(retronasal)の理解が、知覚との相関を得る上で重要となります。 気相中の揮発成分の直接測定は、イオン分子反応質量分析計(IMR-MS)のようなオンラインMSを用いて可能となります。

フレーバーリリースの測定では、装置のインレットに繋がる加熱トランスファーラインの先端にノーズピースをつけ、試験者の鼻に挿入します。 そして、試料となる固形あるいはペースト状の食品の一定量を口の中に入れて咀嚼したとき、または液体飲料をストローで飲んだときに、試験者の鼻から抜けるretronasal aromaを測定します。 分析する質量数は、試料に含まれている香気成分(GC/MSで同定)の中から1つまたは複数を選択し、 1つの質量数あたり100~300msecの高速スキャンを反復し、食べ始めからの経時的なフレーバーリリースプロファイルを作成することができます。



フレーバーリリース分析計の特徴

  • 複合揮発成分中の芳香族化合物、アルコールなど、各成分を同時に検出
  • 優れた検出感度:サブppb ~ Vol%
  • 高速で連続測定: 0.1秒/成分
  • 水分の影響を受けにくい
  • 成分分離不要
  • キャリアガス不要

※ソフトイオン化質量分析計の原理等の詳細はこちら

製品仕様

モデル FlavorSense (IMR-MS)
質量範囲 7 – 519 amu
分解能 < 1 amu
分析時間 >= 1 msec/amu
測定範囲1 105
応答時間1 T90 < 20 msec
低濃度検出限界1 0.4 ppt
ドリフト濃度 < ± 5% 24 h以上
再現性 < ± 3%
精度 < ± 2%
温度範囲 20°C - 35°C
湿度 最大 80% (結露なきこと)
ガス消費2 30 - 3000 ml/min
ガスインレット温度 50°C - 190°C (調節可)
ガスインレット圧力2 0.1 – 1 bar
電源 230V/50Hz または 115V/60Hz 800 W
寸法 (WxHxD) 534 x 743 x 639 mm
重量 87kg

1 測定する成分や機器設定によって異なります。
2 ガスインレットシステムの種類によって異なります。

*外観・仕様は予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

ページのトップへ戻る