産業ガス

産業ガスに関連するアプリケーション・製品情報を掲載しています。

炭酸ガス(CO2)分析

image of CO2

産業用の二酸化炭素(CO2)は、水素製造やアンモニア合成などの化学プロセスから、発酵プロセスや自噴井に至るまで、幅広い供給源から得られます。

フィードガスの組成は、除去する必要のある潜在的な不純物に関連して大きく異なります。適切な範囲で適切な精製段階を適用するには、フィードガスを分析することが重要です。特にCO2の自然源は、時間の経過とともに不純物プロファイルに大きな変動を示す可能性があり、プラントの浄化システムが汚染物質の増加レベルを処理できず、製品の品質が低下する可能性があります。こうした変化や不安定性に迅速に対応するために、フィードガスのオンライン分析が必要です。

また、食品・飲料グレード炭酸ガスの最終的な品質管理は、食品および飲料業界において大変重要です。汚染は、たとえ微量であっても、消費者に健康上のリスクをもたらす可能性があります。そのため、EIGA(ヨーロッパ工業ガス協会)やISBT(国際飲料技術者協会)基準などの厳格な規制により、成分または自然冷媒としてのCO2の純度が確保されています。これらの規制では、可能性のある汚染物質の極めて正確な測定が必要です。


CO2のリアルタイム分析に適した質量分析計

CO2専用質量分析計 CO2Senseは、高温・高圧に対応できる堅牢で頑丈な設計で、CO2生成のフィードガス監視に適しています。基盤とするイオン分子反応(IMR)テクノロジーは、CO2のほぼすべての潜在的な不純物に対して優れた感度と選択性を備えています。CO2Senseは、ほぼすべてのフィードガスに含まれているメルカプタン、硫化水素、硫化カルボニルなどの硫黄化合物を低ppbレベルまで測定可能です。

CO2Senseは、食品・飲料グレード炭酸ガスの最終的な品質管理のための理想的なソリューションです。IMRテクノロジーは、EIGAおよびISBT基準に準拠し、存在し得るあらゆる不純物を測定可能です。CO2Senseは、トラック充填ステーションにおける貯蔵タンクの監視や単一ボトルの認証など、CO2品質管理の様々な段階で使用されます。 ProfiBus(プロフィバス)環境に簡単に組み込むことができます。 V&F Station Sequencerソフトウェアを使用すると、タッチスクリーンを介して証明書をすぐに印刷可能です。


フィードガス分析やCO2分析によく使用されるオフラインテクノロジー(FTIRやUV等)とは異なり、CO2Senseはリアルタイムでの測定を可能にし、フィードガスや最終製品のCO2の組成を厳密に監視し、突然の変動が発生した場合に対策を講じることができます。CO2Senseを使用すると、オペレーターは新しい測定ルーチンに機器をすばやく適合させたり、追加のコストをかけずに関心のある新しい化合物を追加して現在の測定設定を拡張したりすることが可能です。コンパクトな設計は、その可動性を支援し、測定現場の変更は、1日で簡単に実現できます。



純酸素中の不純物の分析

image of oxygen

純酸素は通常、極低温空気分離プラントで生成されます。酸素純度の範囲は97.5%~99.5%です。最終生成物プロセスに含まれる不純物を決定するために、ガスクロマトグラフが日常的に使用されていますが、このテクノロジーでは、不純物のグループごとに複数の機器が必要であり、分析には通常数分かかります。より迅速な分析のためには、オンライン測定が必要です。


純酸素のリアルタイム分析に適した質量分析計

ソフトイオン化質量分析計 AirSenseは、純酸素中の不純物を高感度でリアルタイム分析に適しています。基盤とするイオン分子反応(IMR)テクノロジーにより、無機および有機化合物を同時に測定でき、特に亜酸化窒素(N2O)と二酸化炭素(CO2)をサブppmレベルで測定できます。ソフトイオン化質量分析計には、プロセス制御環境への適切な埋め込みを確実にするための様々なインターフェースを装備することができます。また、オプションで証明書の印刷も可能です。



校正用特殊混合ガスの分析

image of gasses

分析目的の校正用混合ガスや医療用の特殊ガスは、品質管理プロセス中に定期的に不純物が確認されます。これは通常、さまざまな検出デバイスを備えた一連のガスクロマトグラフによって行われます。これらの手法では、結果を得るのに平均で少なくとも20分必要です。オンライン質量分析は、プロセスを大幅にスピードアップできます。


混合ガスのリアルタイム分析に適した質量分析計

ソフトイオン化質量分析計 AirSenseは、混合ガス中の不純物の分析を1秒未満で実行できます。基盤とするイオン分子反応(IMR)テクノロジーにより、優れた感度と選択性で、有機化合物だけでなく、無機化合物も測定します。混合ガス中の一般的な不純物の検出限界は、低ppbの範囲です。ソフトイオン化質量分析計には、プロセス制御環境への適切な埋め込みを確実にするための様々なインターフェースを装備できます。また、オプションで証明書の印刷も可能です。

ページのトップへ戻る