エミッションテストチャンバー EK250

室内VOC排出試験 ISO 16000-9 準拠

高精度なVOC排出試験に。

photo

室内空気質は、接着剤、家具、塗料など、建築産業で使用される材料や製品から放出される揮発性有機化合物(VOC)の影響を強く受けます。こうした製品および材料によるVOCの空気中への放出レベルを決定するためには、ISO 16000-9規格に記載があるように、 エミッションテストチャンバーを用いて分析を行います。

エミッションテストチャンバー EK250は、厳しい試験条件下でのVOCの特性評価を可能にし、ISO 16000-9規格の要件に完全準拠しています。 業界や研究の専門家との緊密な協力の元に開発されており、4つのサンプルポートを介して幅広い分析的性能試験に使用できます。本チャンバーは、温度制御された室内ですぐに使用可能です。より高い温度条件で試験を行うには、チャンバーを標準のBINDER BF 720インキュベーター内に収容します。

EK250の特徴

  • ISO 16000-9に準拠したVOCエミッションテストチャンバー(250L)
  • コンパクトで堅牢、リーズナブルな価格
  • 「エミッションフリー」なテストチャンバー
  • すべての規範的パラメータの高い精度と性能
  • 試験片の位置を最適化するための調節可能な換気バーと熱線風速計
  • 4つのサンプルポート
  • 周囲環境からの汚染の防止
  • 吸着の影響を最小化

仕様

エミッションテストチャンバー EK250
気流 1 ~ 10 L/min
空気交換速度 0.24 ~ 2.4 h-1
空気交換速度制御 電子 MFC (長期安定性<1%)
空気速度範囲(試験片上) 0.1 ~ 0.6 m/s
動作温度 20 ~ 70℃
湿度範囲 15 ~ 80% RH (5-35℃)
クリーンエアー供給 15 L/min @0.150 bar
電源 230V 50 Hz
消費電力 最大 120 W
寸法(W x D x H), 重量 1000 x 600 x 800 mm, 60kg 

ページのトップへ戻る